ソーラーフロンティアの太陽光発電 価格や効率

ソーラーフロンティア 太陽光発電の価格は、
他の太陽光発電と比べて安いです。

工事費込みで1kwあたりの28万円を切ることもあるでしょう。

ソーラーフロンティアといえば、
CMイメージキャラクターの井川遥さんをイメージする方も多いでしょう。

ソーラーフロンティアCM井川遥

井川遥さんの美しさが、ソーラーフロンティアの
黒いパネルデザインの美しさを引き立てているようにも感じますね。

ソーラーフロンティアは価格以外にどこが魅力なのか?

その説明の前に、ソーラーフロンティアのモジュールを見てみましょう。

ソーラーフロンティアの太陽効発電一覧

品番
SFK185-S
公称最大出力
185W
モジュール変換効率
15.1%
メーカー希望小売価格
オープン価格
品番
SF175-S
公称最大出力
175W
モジュール変換効率
14.2%
メーカー希望小売価格
オープン価格
品番
SFM115-R2
公称最大出力
115W
モジュール変換効率
13.7%
メーカー希望小売価格
オープン価格
品番
SFM110-R
公称最大出力
110W
モジュール変換効率
13.4%
メーカー希望小売価格
オープン価格

ソーラーフロンティアの太陽光発電の特徴としては、
熱に強く、影にも強い構造になってることです。

ソーラーフロンティアの太陽光発電は、CISと呼ばれるCIS太陽電池を使用しています。

CIS太陽電池は、主成分に銅(Copper)、インジウム(Indium)、セレン(Selenium)を使用しており、
3つの頭文字をとりCISと呼ばれています。

従来の結晶シリコン系太陽電池に比べて、CIS太陽電池は高温時の出力ロスが少なく、
部分的な影の影響も少なく、太陽光に当たると出力が上がるという性質をもっているので、
実質的な発電量で結果を出すことができるのです。

また、ソーラーフロンティアの太陽光モジュールは、
色が黒いというのが特徴です。

黒を基調とした落ち着いたデザインで、どんな屋根にも美しく調和します。

保証も「太陽電池モジュール20年」としっかりしており、
なかなか魅力的な太陽光発電システムと言えるでしょう。

PAGE TOP