パナソニックの太陽光発電 価格や効率

パナソニックの太陽光発電の価格は
他の太陽光発電の価格と比べると、高めになっております。

とはいえ、工事費込みで1kwあたり33万円ではでています。

少し前までは、1kwあたり40万円とかだったので、
かなり安くなったと言えます。

一括見積等で見積もりをとると、
1kwあたり32万円以下で出る場合もあるので、おすすめです。

現在他の業者で検討中の方も、その金額をたたき台にし、
お願いすると、負けてくれるかもしれません。

1kwあたりの価格を安く値引いてもらうには、
だいたい3.5kwシステム以上、設置する必要がある場合が多いです。

パナソニックの太陽光発電の価格はやや高めになっていますが、
それに値する性能が備わっています。

パナソニックの太陽光発電の性能の説明の前に、
どんな太陽光モジュールがあるのか見てみましょう。

パナソニックの太陽効発電一覧

PS工法用

PS(Push & Slide)工法は、パネルの間の隙間を狭くすることで、
美しい外観を実現した、パナソニック独自の新しい工法です。

品番
P252αPlus/VBHN252WJ01
公称最大出力
252W
モジュール変換効率
19.6%
メーカー希望小売価格
174,500円+税
品番
P247αPlus/VBHN247WJ01
公称最大出力
247W
モジュール変換効率
19.3%
メーカー希望小売価格
146,000円+税
品番
P250αPlus/VBHN250WJ01
公称最大出力
250W
モジュール変換効率
19.5%
メーカー希望小売価格
173,000円+税
品番
P120αPlus/VBHN120WJ01
公称最大出力
120W
モジュール変換効率
18.1%
メーカー希望小売価格
71,000円+税
品番
P70αPlus/VBHN070WJ01L/R
公称最大出力
70W
モジュール変換効率
14.8%
メーカー希望小売価格
45,500円+税

太陽光発電は通常、太陽電池モジュールの表面温度が高くなりすぎると発電効率が落ちます。

しかし、パナソニックHITは優れた温度特性で、
幅広い温度範囲で発電量をキープし、高温でもしっかり発電するのが特徴です。

さらに、曇りや雨の日にもしっかり発電し、天気を気にしません。

また、HITは、面積(㎡あたり)でもシステム容量(kWあたり)でも発電量トップクラスです。

従来より少ない太陽電池モジュール枚数でたっぷり発電できるため、
小さな屋根でも十分な電気を創ることができます。

そして、太陽電池モジュール枚数を減らせて屋根への負担を軽減できます。

同じ発電量ならHITは太陽電池モジュール枚数を減らせることができます。

例えば、同じ4kWのシステムを設置するにしても、1枚当たりの発電力が多いと、
最小限の枚数で設置できるのです。屋根が軽くなる分、減震効果も向上します。

価格は高めでも、これらの発電力の強さが選ばれる人気でしょう。

PAGE TOP