三菱の太陽光発電 価格や効率

三菱の太陽光発電の価格は、他のメーカーの太陽光発電と比べると
少し安めになっています。

各販売店により、1kwあたりの金額も異なってきますが、
32万円/kwくらいといったところでしょう。

それぞれの業者さんの頑張り次第で、もっと安くすることは可能と思います。

一括見積で金額を出してもらい、たたき台にしていくといいと思います。

とはいえ、三菱の太陽光発電の価格は高めですが、
それに値する性能が備わっているといえます。

どこがすごいのかの説明の前に、
三菱の各太陽光モジュールを見てみましょう。

三菱の太陽効発電一覧

250Wマルチルーフシリーズ

品番
250Wマルチルーフ
公称最大出力
122W~250W
モジュール変換効率
14.6%~17.6%
メーカー希望小売価格
45,100円~150,000円+税

245Wマルチルーフシリーズ

品番
245Wマルチルーフ
公称最大出力
98w~245W
モジュール変換効率
14.6%~17.2%
メーカー希望小売価格
45,100円~98,000円+税

230Wシリーズ

品番
PV-MA2300N/NS
公称最大出力
230w
モジュール変換効率
16.8%
メーカー希望小売価格
82,800円+税

270Wシリーズ

品番
PV-MB2700MF/MFS
公称最大出力
270w
モジュール変換効率
16.4%
メーカー希望小売価格
97,200円+税

三菱の太陽光発電は単結晶と多結晶のものがありますが、
単結晶のほうは、黒のデザインなので和瓦等に美しく調和します。

また、公称最大出力は270wと高くなっています。

例えば、同じ4kwシステムの太陽光発電を設置するにしても、

1枚180wのモジュールの場合、
24枚×180w=4.320kwシステムになります。

系統の関係もあるので4kwシステム以上設置したい場合、
24枚乗せることになります。

しかし、
1枚270wのモジュールの場合は、

16枚×270w=4.320kwシステムになります。

つまり、
1枚あたりの最大出力が高いと少ない枚数の設置で済むのです。
そのため、施工時間も少なく済みコスト削減もできます。

また、三菱の太陽光発電の特徴として、
パワーコンディショナーの電力変換効率が高いことがあります。

変換効率は98%と業界トップです。

パワーコンディショナーは、太陽光モジュールで発電した電気を、
家の中で使える電気に変えるものなので、
変換効率が高いほど、たくさん電気が使えるという事になります。

このこともあって、三菱の太陽光発電は、
日射量の少ない朝夕や曇りの日にも強い仕組みなっています。

PAGE TOP