京セラの太陽光発電 価格や効率

京セラの太陽光発電の価格は、
他の太陽光発電の価格に比べて、高くも安くもなく平均的といえるでしょう。

京セラには、「エコノルーツ」という切妻屋根に適したタイプの太陽光モジュールと、
寄棟屋根に適したタイプの「サムライ」、「ルーフレックス」というモジュールがあります。

設置業者により異なりますが、
平均的なエコノルーツの1kwあたりの単価は、
工事費等込みで31万円前後です。

サムライについては1kwあたりもう少し高くなります。
(施工の際二つのモジュールを組み合わせるため)

京セラ=サムライとイメージしている人は結構多いかと思います。

施工事例としては、切妻屋根の場合は、「エコノルーツ タイプU/R」、
寄棟屋根の場合だったら、「サムライ」、「ルーフレックス」というパターンが多いです。

以下がルーフレックス、サムライと、エコノルーツの製品情報です。
1枚当たりの最大出力を見るとき、その1枚の大きさも見ましょう。
大きさにより数字が変わります。

京セラの太陽効発電一覧

ルーフレックス

品番
ルーフレックス
公称最大出力
83w~260W
モジュール変換効率
13.7%~17.8%
メーカー希望小売価格
56,440円~176,800円+税

サムライ

“デザイン性と設置スペースを重視した太陽光発電”

長さの異なる3種類の太陽電池を組み合わせ、屋根のスペースを有効活用した、美しいデザイン。
屋根と一体感があるデザインを求めている方におすすめ。

品番
KJ80P-3CSCA
公称最大出力
80W
モジュール変換効率
13.7%
メーカー希望小売価格
42,400円+税
品番
KJ64P-3CSCA
公称最大出力
64W
モジュール変換効率
13.7%
メーカー希望小売価格
33,920円+税
品番
KJ48P-3CSCA
公称最大出力
48W
モジュール変換効率
13.7%
メーカー希望小売価格
25,440円+税

エコノルーツ タイプR

縦置き(タイプU)も可能で屋根への搭載容量が増え、発電電力量が大幅に向上。
また太陽電池モジュールと屋根とをつなぐラックが不要(タイプU)。
費用を抑えるだけでなく、設置工事の工程を削減することができるので、施工にかかる費用を抑えることができます。

3種の長方形のパネルから選べることで、屋根に無駄なく設置できます。

品番
KJ210P-3CRCG
公称最大出力
210W
モジュール変換効率
15.5%
メーカー希望小売価格
105,600円+税
品番
KJ220P-3CRCG
公称最大出力
220W
モジュール変換効率
16.2%
メーカー希望小売価格
105,600円+税
品番
KJ145P-3MRCG
公称最大出力
145W
モジュール変換効率
15.7%
メーカー希望小売価格
69,600円+税

京セラの太陽光発電は、発電効率も悪くなく、太陽光設置を考える際は、
ぜひ検討していただきたいメーカーといえるでしょう。

寄棟屋根の場合は、サムライを設置することで、
隙間なくきれいな見た目にもなります。

エコノルーツタイプに関しては、
なんといっても「エコノルーツ タイプU」でしょう。

このタイプは、太陽光モジュールと屋根とをつなぐラックが不要なのです。
つまり、簡単施工で、コストを削減でき、屋根への負担も軽減できるというわけです。

「エコノルーツ タイプR」を20枚設置する場合と、
「エコノルーツ タイプU」を同じく20枚設置する場合を比べると、

トータルで約67kg軽減できるのです。
<また、「エコノルーツ タイプU」は、縦置き・横置き設置かを選ぶことができます。
これにより屋根を有効に活用した最大の発電システム設置できます。

↓ ↓ ↓

エコノルーツ タイプU縦置き

 

「エコノルーツ タイプR」についても、3種のサイズがあることで、
組み合わせて、隙間なく設置ができます。

↓ ↓ ↓

エコノルーツ タイプR 組み合わせ

京セラは保証やサービスも比較的良いと言えるメーカーです。

PAGE TOP