怪しい業者を見分けるには

太陽光発電に興味をもつきっかけの一つに、
営業マンが自宅に来て、話を聞いたら興味がでてきたということもあります。

飛び込み営業マンが訪問してきたとき、うまく話に乗らないように、
営業マンのトーク内容を把握しておきましょう。

太陽光発電の設置前には、必ず営業マンと話をすることになります。
相手もプロですから、ついつい相手のペースで話をされてしまい、
聞きたかった事を忘れたり、ちょっと切り出しにくかったなーなんてこともよくある話です。

気持ちに余裕を持てるようにするために、参考にしてください。

怪しい業者の見分け方

悲しいことですが、太陽光発電の販売において、悪徳な業者、
もしくは、それに近い業者がいることは事実です。

例えば、販売価格を大幅に高くしたりですね。

そのような業者の場合は、欠陥工事も多いですし、
もしくは工事すらしないという事も聞いたことがあります。(何年も前ですが)

普通に考えたら騙されるわけないと思いますが、
実際にその場面になると、分からないのかもしれません。

経済産業省や消費者庁からも発表があった様に、
被害の多くは訪問販売とされています。

また、太陽光発電装置等に係る消費者相談が増加傾向にあります。
悪徳業者の多くが訪問販売です。

私の勤めていた会社は、訪問販売をしていましたが
全くそのようなことはないです。

ちゃんとしている会社がほとんどですが、
ほんの一部に、そのような悪徳業者がいるのです。

例えば、明らかにオーバートークをしている業者は気をつけたいですね。

自宅の屋根の面積が小さく、採寸等もせずに、

「●●さんのお家の屋根は、かなりの発電が見込めますよ」

などですね。

その人が言っていることがオーバートークかどうかは、
太陽光発電の基本的な知識さえあれば見分けられます。

また、怪しい業者は、
オーバートークだけでなく、すぐに契約を欲しがります。

他と比較されるとボロが出ますから、
できるだけ初回の訪問や少ない回数で、契約を決めさせようとします。

例えば、

「今日までキャンペーン期間中!」、

「今なら特別に●●円値引き!」、「今契約を頂けたら!」、「今なら・・・」

などと、すぐに契約を煽ります。
そのようなトークには、乗らないようにしましょう。

営業トークには気を付ける

 

なんで私の家なの?なんで明日じゃだめなの?

など突っ込んで話すと、
悪徳業者の場合は、すぐに引く傾向があるようです。

焦って決めないこと

悪徳業者ばかりいるような印象が付いてしまうかもしれませんが、
実際、そのような業者は、本当に一部です。

こうした業者に引っかからないようにするためには、
とくにかく焦って契約をしないで、

太陽光発電について自分でも調べることです。

他社で見積もりをとったりして、価格を比較すれば、
だいたいの目安となる金額も見えてきます。

特に、

「もうすぐ補助金がもらえなくなるから」とか

「もうすぐ売電単価が下がるから」

と、時期的なものが焦らす要因になることもありますが、
そういうときこそ焦らず、ゆっくり考えることです。

業者側としては、補助金がなくなる間近になると、
それを武器にトークができるのです。

場所によって、県や市からももらえるので、補助金の金額も決め手の一つでしょう。

まとめとすれば、
怪しい業者に引っかからないためには、

焦って決めず、よく考えることです!

おかしな工事をされて、設置後に雨漏りでもしたら、大変です。

難癖つけて修理をしないかもしれませんし、
連絡すら付かないなんて最悪ですよね。

それで修理に数十万円掛かったら、目も当てられません。

業者は沢山ありますので、焦って決めないことです。

仮に本当に安くてチャンスを逃してしまっても、
地道に複数の業者と話をして見積もりを取れば、
近い値段は出てくるはずです。

PAGE TOP