太陽光発電のメリット|いいところ

太陽光発電のメリットって聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?
思いつくだけ考えてみてください。

いろいろなサイトやニュース、新聞記事やその他さまざまなところで
見たり聞いたりするでしょう。

少し考えてみてください。

これまであまり太陽光発電の情報を調べたことのない人でも、
きっといくつかは思い浮かぶでしょう。




思いつきましたか?

経済的なメリット、環境へのメリット、地球資源保護へのメリット。
あるいは、節電できることとか、万が一の時に非常用電力源になるとか、いろいろ思い浮かびましたか?

そうなんです、太陽光発電には、たくさんのメリットがあるのです。
代表的なメリットは以下になります。

①電気代が間違いなく低減する
②余った電気は自動的に買い取ってくれて、お金になる
③環境に貢献できる(CO2排出の大幅削減)
④太陽が出ていれば、停電になっても使える
⑤売電、買電どれくらい環境に貢献しているかなど、
モニターで一目でわかるので、自然と節電やエコ意識がでる。

これらが代表的な太陽光発電のメリットになります。

太陽光発電は、1度設置してしまえば、燃料を必要することもなく、
太陽が存在する限り、電気を半永久的に作ってくれます。

どのメーカーの太陽光発電を設置するかにもよりますが、
電気代は間違いなく削減できます。

発電した電気を使ったら電気代を削減でき、
使わなければ、その分は自動的に売電できる
ので、
どちらにしてもメリットになります。

ここが一番のメリットではないでしょうか。

太陽光発電のメリット

また、設備のメンテナンスもほとんど必要ありません。
太陽光モジュールの汚れなどは雨が降れば落とせる構造になっています。

(ちなみに、自分で太陽光モジュールに水でかけることで発電力はアップします)

設置費用を回収できるまでの年数は多少の差がありますが、
システムの寿命まで電気を生み続ける資産になります。

(太陽光モジュールの寿命は半永久的と言っていいでしょう。
パワーコンディショナのみ10年~15年に一度交換が必要。)

数年前までは、太陽光発電を検討してる人に対して
やめた方が良いという意見が多かった気がします。

実際、数年前の太陽光発電システム(発電力)や売電単価では、
メリットが出にくかったのも事実。

しかし現在は、設置価格の下落により、
10年以内で設置費用を回収できるケースが多くなってきました。

設置価格の下落と県など自治体による設置補助金や買取価格の後押しにより、
十分な経済的メリットが出てきたということです。

発電システムの性能は十分なまでに向上し、設置価格も下がりました。
売電単価は、毎年下がっています。

固定価格買取制で、10年間固定単価で余剰電力を買い取ってもらるため、
早くに設置したほうが得です。売電単価が上がることは、絶対にないからです。

そして、早く元をとる方法、それは本当の値段を知り、安く設置することです。

PAGE TOP