太陽光発電の耐用年数|寿命

太陽光発電の耐久年数や寿命については、
設置前に知っておきたいことの一つでしょう。

太陽光発電システムの耐久年数は、
どこのメーカーのものにするかによっても異なってきます。

また、数年前に比べ発電効率の低下や耐久性も上がっています。

太陽光モジュールの耐久年数に関しては、半永久的と言われています。
実際、20年以上問題なく安定稼働するものも多く見てきましたし、30年以上トラブルないものもあります。

さらに、今設置する太陽光発電は、何年も前のものに比べ、
遥かに性能が良く、半永久的に使えると思って間違いありません。

劣化率についても、0.25%~0.5%というデータを経産省・水産省・NTTが公表しています。
ということで、太陽光発電は劣化するが、半永久に使い続けられると理解しておけば大丈夫です。

太陽光モジュールの発電効率に関しても、
何十年経ってもほとんど落ちることはありません。

メーカーによっても変わってきますが、
システムの保証は10年間としているところが多いです。

また、太陽光モジュールの出力保証を25年間としているメーカーもあります。
それだけ発電効率の低下はないと言えます。

ただ、一点、
パワーコンディショナ(家庭内で使える電気に変換する機器)に関しては、
だいたい10年~15年に一度、交換が必要とされています。

この点は、システムの保証が10年間ついているので、
システムの保証の10年が経つ頃に、パワーコンディショナを交換するとよいです

 

太陽光発電のメンテナンスは?

「太陽光発電システムを設置したら、メンテナンスは?」

と心配される方も多いかと思います。

しかし、
太陽光発電システムは一度設置してしまえば、
基本的に、モニターを見ながら「こんなに発電してる」とにやけているだけです。

とはいえ、このモニターを見ながらにやける作業も、
意外とバカにはできません。

モニターを見ることで、発電量が一目でわかるので、
定期的に見ることで、

「こんなに晴れてるのに、発電していない」

と発見できます。

メンテナンスは「モニターを見ること」くらいでしょう。

もし、太陽光モジュールの表面を磨きたいと思ったら、
磨いても問題はありませんが、

基本的には、モジュールの汚れは雨で自然に落ちる構造になっているので、
放置していて問題ありません。

ちなみに、自分で太陽光モジュールに水などをかけることによって、
発電力はアップするので試してみるといいかもしれません。

ただ、角度がある屋根の場合は、上るのは危険ですので、
陸屋根等に設置した場合のみになります。

PAGE TOP